• ホーム
  • 募金百貨店プロジェクトについて

募金百貨店プロジェクトについて

「募金百貨店プロジェクト」は、企業等との連携協力により様々な寄付つき商品・企画を創り上げ、赤い羽根共同募金が募金の百貨店になろうという取り組みです。企業等にとっては、共同募金との連携により販売促進や地域貢献に繋がり、購入者は普段の暮らしの中で負担なく地域貢献に参画することができ、共同募金会は地域福祉を推進するための財源を確保することができる、3者全てにメリットのあるWIN&WIN&WINの取り組みです。
 独自の寄付つき商品の開発で、「じぶんの町を良くするしくみ」に加わりませんか?

募金百貨店参加企業一覧

募金百貨店の概要

対 象 
企業、福祉関係団体、地域福祉への貢献を検討している組織・団体等

商品・企画基準
企業等の本業にメリットがあり、かつ売上の一部が赤い羽根共同募金への支援となる、あるいは顧客が赤い羽根共同募金への支援に参加できる寄付つき商品・企画であること。
(※寄付金については、法人税法に基づき全額損金扱いとなります。)

事業の流れ
①秋田県共同募金会または各市町村共同募金委員会へご連絡ください。
②本業にメリットのある寄付つき商品・企画を本会職員と一緒に創ります。
③寄付つき商品・企画ができたら、募金百貨店プロジェクトに登録し、覚書調印式を行います。
④御社主体で広報・販売を行っていただきます。

募集期間
随時募集しております。

詳細は下記をご覧ください。

 

協力企業等募集要項

登録申請書