平成28年度募金による平成29年度実施事業報告⑥(一般社団法人フードバンクあきた)

【一般社団法人フードバンクあきた】※社会課題解決プロジェクト参加団体

助成事業
「生活困窮者への食糧支援」

事業の概要
 
卓上型真空包装機を導入し、提供していただいたお米を真空パックして、長期的かつ衛生的に保管し、生活困窮者への食糧支援がより円滑に行われるよう活用する。

実施の成果等
 県内各地の社会福祉協議会でフードドライブが導入されたことにより、お米の提供が増えたが、冷蔵保管する施設がなく、保管期間が長くなるとお米の劣化が懸念されていた。
 このたび導入した真空包装機により、冷蔵設備がなくても衛生的に保管できるほか、真空により小型化することで、より多くの食糧を提供できるようになった。
 
寄付者へのありがとうメッセージ
 食糧支援をしていた方から、就職が決まったとの報告がありました。電話の声も明るく、「食糧支援をしていただいたおかげです」と嬉しそうでした。お礼を言われるのはフードバンクだけでなく、寄付をしてくださった皆様だと思いました。皆様の善意が必要な方に届くようこれからも活動していきたいと思います。ありがとうございました。                  

  

 

平成28年度募金による平成29年度実施事業の内容については、赤い羽根データベース「はねっと」からもご覧になれます。