8 社会福祉法人 秋田県共同募金会

スタッフブログ【2014年10月】

募金お願いメッセージ④【障害者の社会参加及び地域生活を支えるための活動・その2】

2014/10/10

共同募金は、あらかじめ募金の使い道を決めてから募金運動を行っています。
今年集められた募金は、来年度(平成27年度)の地域福祉活動に助成されます。
そこで、助成が内定した団体から事業の紹介と、募金お願いメッセージを掲載いたします。

第四回は、「障害者の社会参加及び地域生活を支えるための活動・その2」です。

特定非営利活動法人障害者アクアレッスンミラクルスイミー(秋田市)
【助成事業】
 「障害者アクアレッスン普及・啓発事業「Let's Enjoy Swimming with ミラクルスイミー&トップアスリート&トゥリトネス」
【メッセージ】
 私たちは障害児・者に水泳指導しているNPO法人です。この度競泳の日本のトップアスリートによる水泳指導と、水中パフォーマー「トリトネス」によるショーやダンスを実施します。障害児・者の健康増進、自立や社会参加への推進の他に、健常者も一緒に参加できることから、ノーマライゼーションの達成も狙います。
 

NPO法人 東日本総合企画横手市)
【助成事業】
 「福祉サービス事業所おみたけ」送迎車整備事業
【メッセージ】
 障がいを持つ方々に仕事の場と、生活の場の提供をしています。横手の外れに在ります事業所の為、移動する上で車を欠かすことは出来ません。助成して頂く自動車により、就労での送迎やグループホームでの外出移動支援等を円滑に行えるようになると考えておりますので、よろしくお願い致します。
 
 

全国脊髄損傷者連合会 秋田県支部全県域)
【助成事業】
 「全国脊髄損傷者連合会第38回東北ブロック会議秋田県大会」
【メッセージ】
 東北6県の脊髄損傷者連合会支部会員が一同に会し、社会環境、福祉環境改善等について検討し、当事者及び重度障害者の社会参加促進に努め、また、地域の人々と交流を図る事により、障害者に対する差別や偏見を解消し、社会の一員として地域社会で安心して生活できる環境を作る事を目指した会議にしたいと考えます。

今年度の募金は、上記の団体の活動に活用されます。
皆様のご理解と募金へのご協力をお願いいたします!

その他の助成計画については「募金のつかいみち」または「赤い羽根データベース はねっと」をご覧ください。

募金お願いメッセージ③【障害者の社会参加及び地域生活を支えるための活動・その1】

2014/10/08

共同募金は、あらかじめ募金の使い道を決めてから募金運動を行っています。
今年集められた募金は、来年度(平成27年度)の地域福祉活動に助成されます。
そこで、助成が内定した団体から事業の紹介と、募金お願いメッセージを掲載いたします。

第三回は、「障害者の社会参加及び地域生活を支えるための活動・その1」です。

秋田県サウンドテーブルテニスクラブ(全県域)
【助成事業】
 サウンドテーブルテニスこまち大会の開催
【メッセージ】
 サウンドテ-ブルテニスは視覚障害者が手軽に楽しめるスポ-ツとして急速に普及してきています。各地域で様々な大会が開催されていますが、全国的な大会は限られています。私たちはこの大会を全国に呼びかけることにより愛好者の増大と、県民の障害者スポ-ツに対する関心とご理解を深めて戴くとともに、視覚障害者の自立と社会参加を促進したいと思っています。


特定非営利活動法人 共生センターとっと工房(大館市)
【助成事業】
「指定障害福祉サービス事業」車両の更新事業
【メッセージ】
 一般雇用が困難な障害者の働く場として、農作業(野菜・いぶり大根加工)中心の就労継続支援B型の事業所です。一昨年は生活介護を、昨年は放課後等ディサービス事業を併設、活動拠点が3か所になり、利用者が大幅増員、安心して通所できる送迎体制の確立が急務でした。地域のニーズに応えてがんばります。
  


ひまわりの会(大館市)
【助成事業】
 チョコット手伝い隊活動等拡大事業
【メッセージ】
 私たち「ひまわりの会」は、平成18年に結成した「心の問題や精神の障害を持っている当事者とその仲間」の会です。
地域に「チョコットお手伝いしたい!」そんな想いから、この仕事を始めました。
地域のお手伝いをさせて頂くことで、コミュニケーションを図ることに務め、自立した生活を目指しています。どうぞよろしくお願い致します。(写真は当事者の皆さんが作成した商品)
  

今年度の募金は、上記の団体の活動に活用されます。
皆様のご理解と募金へのご協力をお願いいたします!

その他の助成計画については、「募金のつかいみち」または「赤い羽根データベース はねっと」をご覧ください。


 

募金お願いメッセージ②【高齢者の暮らしを支えるための活動】

2014/10/07

共同募金は、あらかじめ募金の使い道を決めてから募金運動を行っています。
今年集められた募金は、来年度(平成27年度)の地域福祉活動に助成されます。
そこで、助成が内定した団体から事業の紹介と、募金お願いメッセージを掲載いたします。

第二回は、「高齢者の暮らしを支えるための活動」です。

特定非営利活動法人 凛々会(美郷町)
【助成事業】
 地域交流テント整備事業
【メッセージ】
  当法人は、介護付有料老人ホームひらきの郷、グループホームひらきの家の地域密着型介護事業所を運営しております。入居者の方と地域の方々が、夏祭り、子ども樽神輿巡行時のイベント時や、ベコニア栽培等の協同作業に、テントを使用させていただきたいと願っております。

 

今年度の募金は、上記の団体の活動に活用されます。
皆様のご理解と募金へのご協力をお願いいたします!

その他の助成計画については、「募金のつかいみち」をご覧ください。